PR

【グラビア文学館】蓼沼優衣×ゲーテ「若きウェルテルの悩み」 週刊現代デジタル写真集

スポンサーリンク


今をときめく美女たちが、名作文学に挑むグラビアシリーズ。
18世紀にドイツの文豪が描いた不朽の青春小説と清純派人気グラドルの魅惑のマリアージュをご覧ください。
【小説のあらすじ】幼馴染の女性を病気で亡くした傷心から、街を出て田舎の村に居を移したウェルテル。
絵を描いたりしながら穏やかな日々を過ごす中で、運命の人・ロッテと出会う。
一目で心奪われ、彼女を想うだけでこの上ない幸福感に包まれる。
一方ロッテも純粋で親切な彼に好意的だが、彼女には社会的地位もあり、人格的にも立派と認めざるを得ない許嫁・アルベルトがいた。
自分との圧倒的な差に苦悶し、ふたりの結婚を機にますます厭世的になっていくウェルテルは、アルベルトから拳銃を借り出し、自ら命を絶つのであった。

レビューを見る

購入・お申し込みはこちら

コメント

  1. libertasさん より:
    お尻が魅力的

    全面的にバックショットが多くやはり魅力的なお尻です。
    ただ、ガーターやシースルーキャミを羽織っていたりで露出的に表紙を越えるものはなく。
    前からのガードが相変わらずかたく、せっかくのハイレグなのにまともな正面撮りが無いのは残念です。
    ただ、ラストの白ビキニ二関してはオッパイの膨らみが感じられ悪くありません。

    ここ最近の中では抜ける方ではないでしょうか。

  2. libertasさん より:
    お尻が魅力的

    全面的にバックショットが多くやはり魅力的なお尻です。
    ただ、ガーターやシースルーキャミを羽織っていたりで露出的に表紙を越えるものはなく。
    前からのガードが相変わらずかたく、せっかくのハイレグなのにまともな正面撮りが無いのは残念です。
    ただ、ラストの白ビキニ二関してはオッパイの膨らみが感じられ悪くありません。

    ここ最近の中では抜ける方ではないでしょうか。

  3. libertasさん より:
    お尻が魅力的

    全面的にバックショットが多くやはり魅力的なお尻です。
    ただ、ガーターやシースルーキャミを羽織っていたりで露出的に表紙を越えるものはなく。
    前からのガードが相変わらずかたく、せっかくのハイレグなのにまともな正面撮りが無いのは残念です。
    ただ、ラストの白ビキニ二関してはオッパイの膨らみが感じられ悪くありません。

    ここ最近の中では抜ける方ではないでしょうか。

  4. libertasさん より:
    お尻が魅力的

    全面的にバックショットが多くやはり魅力的なお尻です。
    ただ、ガーターやシースルーキャミを羽織っていたりで露出的に表紙を越えるものはなく。
    前からのガードが相変わらずかたく、せっかくのハイレグなのにまともな正面撮りが無いのは残念です。
    ただ、ラストの白ビキニ二関してはオッパイの膨らみが感じられ悪くありません。

    ここ最近の中では抜ける方ではないでしょうか。

  5. libertasさん より:
    お尻が魅力的

    全面的にバックショットが多くやはり魅力的なお尻です。
    ただ、ガーターやシースルーキャミを羽織っていたりで露出的に表紙を越えるものはなく。
    前からのガードが相変わらずかたく、せっかくのハイレグなのにまともな正面撮りが無いのは残念です。
    ただ、ラストの白ビキニ二関してはオッパイの膨らみが感じられ悪くありません。

    ここ最近の中では抜ける方ではないでしょうか。

スポンサーリンク